アルギニンが不足すると

アルギニンが不足すると

アルギニンというアンチエイジングにも効果の高いアミノ酸を知っていますか?
アルギニンを長期間(数ヶ月程度以上)摂取したときの特に問題となるような
副作用を示さないアルギニンの摂取量は、通常の使用において1日15〜21g
程度(大人の場合)までと考えられているようです。
アルギニンが補足してしまった時はこちら
アルギニンが不足すると抵抗力や勃起力が弱くなってしまうみたい
みたいですので適量の摂取が必要です。
これは安全性に配慮をした信頼のおける製品を摂取した場合の結果でもあります。
(アルギニンの安全性については、国立健康・栄養研究所の「健康食品」の
安全性・有効性情報の『アルギニン』の項も参照ください。)
安全性に配慮をしていないような製品、
アルギニングルタミン酸塩を原料に使っている製品もありますが、
グルタミン酸は味の素と同じ成分ですので、摂取量が多いと中華料理症候群
にはグルタミン酸ソーダ(味の素)が多く使われており、
中華料理やグルタミン酸ソーダが多く使われている食品を食べた人の中には悪心、
頭重感、頭痛、めまい、頭部及び手足の痺れ、胸部圧迫感、失神などがの
可能性がありますのでご注意下さい。