サプリメント定義

サプリメント定義

サプリメントの定義とはなんでしょうか。

ドラッグストアはもとより、
スーパーやコンビニエンスストアにも陳列され、だれでも購入できるサプリメント。
その種類は多く、配合されている成分も様々です。

ビタミン剤などのように医薬品としても扱われているものや、
漢方薬局で売られている薬と同じ成分のものもあり、
医薬品との違いに戸惑う人も多いのではないでしょうか。

ではサプリメントとはいったい何なのでしょうか。

サプリメントは、栄養強化食品、栄養補助食品などと言われ、
必要な栄養分を摂取するためのものです。

かつては病気のときの栄養補給が主でしたが、いまでは不足している栄養素を補い、
より健康的な生活を送るための食品として利用されています。

なお見た目やラベルは薬のようなものでも、
薬事法の規制があるため、食品として扱われています。

サプリメントは、一時期ブームを巻き起こしましたが、
ブームが去った今でも国民に浸透し、
日常的に使われています。

ドラッグストアやコンビニでも、本当にたくさんの種類のサプリメントが並んでいます。

サプリメントは、普A通の食事では微量しか得られない成分を、
一度に多量に摂取できるのが利点であり目的です。

しかし、ピンポイントで一つの成分を摂取し過ぎると、
他の成分を排出してしまう可能性もあるので、
サプリメントに頼りすぎると帰って不健康になってしまう場合があります。